塾業界の闇・・・合格実績のカラクリ

Uncategorized

元バス運転士で現在フリーランスの家庭教師として活動しながら、学習塾の経営をしているテツです。今回は先日ニュースにもなっていた学習塾の合格実績について考えていきたいと思います。

①合格実績を出す理由

新聞を取っている方はわかると思いますが、塾のチラシには必ずと言ってよいほど合格実績やテストの点数UPの広告が入っていると思います。やはり何かを選んだり決めたりする際には数字の力はとても印象に残ります。特に塾の場合、成績UPや志望校合格がやはり至上命題になってきます。その上でもそれを数字で表せる合格実績はほとんどの塾で載せています。

反対に合格実績を載せていない塾は、合格実績がないということも考えられるかもしれませんが、ほとんどが意図的に載せていないことが多いです。特に個人塾や小さな塾では大手塾との差別化を図るために合格実績ではなく、塾の雰囲気や生徒たちの声、塾長の想いなどを前面に押し出すパターンもあります。どちらが良くてどちらが悪いということではなく親御さんの判断材料の一つとして客観的に見ていく必要があります。

 

②合格実績の信ぴょう性

そこで一番気になる合格実績の内容ですが、先日ネットニュースで「ある大手学習塾の合格者水増しを同業者が告発した」という記事が出ました。塾業界にいる方々はそんなに驚かなかったと思います。正直私もそんなにびっくりすることはなかったですが、どちらかというと勧誘のしつこさにやや嫌悪感を覚えた記憶があります。

話を合格実績に戻すと、上記の例では他塾に通っている成績優秀生徒を「特待生」という広告掲載を条件に一定の授業料を免除するという枠で自塾の合格実績としているかもしれないということで、告発を受けていたようです。大手塾の中でも色々と争いがあるようで、やはり「○○高校に△△名合格!」という広告はかなりのインパクトがありますからね。

ただしこのように生徒が一度テストを受けただけでも自塾の合格実績としてカウントしたりしている場合もあるので、すべてを鵜呑みにするのはやめた方が良いかもしれません。もちろん塾によっては合格実績として載せている生徒の定義などをしっかりと公示している場合もありますので、その場合は塾を選ぶ上の大事な指標にして良いでしょう。

 

③合格実績の見るべきポイント

塾によって合格実績や成績上昇実績の載せ方はさまざまです。一番多い「○○学校に○○名合格!」といったような広告は集団授業をメインとした塾に多いのが特徴です。反対に個別指導の場合も似たような実績の打ち出し方をする場合もありますが、生徒によって受ける学校や成績層が様々ですので、どちらかというと「定期テスト○○点UP!」や「内申点○点UP」のように成績UPを謳うことが多いです。

その際にどういった点に注意して数字を見るべきかというと、例えば○○高校に20名合格と書いてあったとしても、それが何人中20人なのかという部分が重要になってきます。仮に100人中20人だとしたら合格率は20%ということになります。反対に合格率100%と謳っていたとしても、仮に1人中1人でも100%ですので、母体数がわかるものでしたらそちらをみるべきだと思います。わからない場合は、直接問い合わせてみても良いかもしれませんね。

要は塾側もどういう計算をしたら一番良い数字、インパクトのある数字が出せるかを考えていますので、データを見る側も客観的に判断できるようにしていく必要があるということですね。

 

今回は塾の合格実績について考えていきましたが、これから春に向けて塾のチラシがたくさん入ってくると思いますので、ぜひ色々な塾の合格実績を見比べてみてください(^^♪

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました